気になる刑事事件まとめブログ

気になる刑事事件まとめブログ

現在の法政大学文化連盟での様々な逮捕のケース

今回の記事においては主に、ビラ配りをしていて建造物侵入で逮捕をされ、告訴をされたものの釈放をされた武田雄飛丸君に関してのケースを書かせて頂きました。

最後にこの武田君以外の同文化連盟に属している法政大学生が不当逮捕をされた例について、幾らか触れておきたいと思います。

今年2016年の4月19日に東京学芸大において、中核派系のサークルに属している学生さんの何人かが同校内において、安保法関連の反戦ビラを許可なく配ったりしたなどという理由で、一緒に行動をしていた法政大学生である武田君とともにおかしな逮捕のされ方をしているのですが、これが問題になっているようです。

この場合も、建造物侵入罪による理由での罪状を根拠にした逮捕のようですが、幾ら私立大学などのような表現の自由や学問の自由などが制限をされるような面があるといっても、このような武田君をはじめとする幾人かの学生の人間の知らせる自由への過度な制限という点で、どうも逮捕行為自体に問題があるような感じがします。

また、これは大学でのビラまきのケースとは異なりますが、現在東京都内の池袋地区にある「りべらるたん」という共同運営宿泊施設でのガサ入れによる今までの公安警備警察による不当逮捕ですが、これに関してもただ、中核派系などといった理由での逮捕行為が問題になっており、過度な人権侵害の疑いがある事例が大変多い経緯があります。

このように、明らかに国側による思想・信条面においての危険性というだけの理由で不当逮捕を裏で促進をしている可能性があり、人権侵害の疑いが間違いなくあります。

DATE:2016/11/20

ピックアップ記事一覧へ